デメリットもある

戸建て賃貸投資の場合では、 デメリットも存在しているかもしれません。投資する人たちはもちろん、デメリットもしっかり熟知して、検討をしなければなりません。

戸建て賃貸の場合、 入居者が退去すると戸建全体をフルリフォームする必要があります。だから、入居者が出て行ってしまうった場合、かなり高額必要を用意しなければなりません。エアコンや給湯器の交換もすれば、150万円程度のお金は、簡単に超えてしまうことになります。庭のメンテナンスも、数万円の費用がかかってしまうことになります。

そして、マンションよりもトラブルが起きやすいのが、戸建て賃貸の方なのです。庭木の越境やゴミ出しルールの問題など、いろいろな場所ですぐにトラブルがおき、いちいち問題を解決しなければなりません。

入居者がずっとその家に住んでくれれば良いのですが、やがて、現在の入居者も出て行ってしまうでしょう。そして、すぐに新しい入居者が見付かれば、投資は上手く行くのですが、実際にはここの部分がなかなか繋がらないケースも多いようです。引っ越しシーズンのピークという時期があり、そのような時期を逃すと、半年以上、借り手が見付からないというケースも決して珍しくはありません。

駅から離れていていい

戸建て賃貸に入居する人たちは、子供のいるファミリー世帯が中心です。子供さんの成長とともに引越しすることがあるでしょうけど、そのサイクルは長いと考えることが出来ます。入居者が長くそこにいてくれることが出来るということは、投資する人たちにとって安心要因です。ひょっとしたら空きになってしまうかも、またリフォームして、新しい入居者をいれなければならないというストレスからも解消されることが出来ます。

不動産投資にマンションを考える人たちもいますが、マンションの場合は、大規模修繕工事を実施する場合でも、オーナー全員で組織される管理組合の決議が必要になってきます。自身で行いたい工事が実施されないというケースもここに起こりうるのです。戸建賃貸の場合、オーナーは一人だというのも大きなメリットであり、必要な時、良いタイミングで、工事をすることが出来ます。

しかし、戸建て賃貸投資は、賃貸する入居者がいてくれて、お金をはじめて稼ぐことが出来ますが、戸建て賃貸の場合、ファミリー世帯が中心となるため、 駅からの距離が近めの物件がいいというよりは、周辺の生活環境の方が重視される傾向にあります。駅から離れていたとしても、戸建て賃貸には、需要があるということがメリットです。

不動産投資をする

戸建て賃貸投資をしようと思っている人たちもいます。一戸建ての住宅を投資用不動産として投資するという方法です。しかし、戸建賃貸は投資物件のなかでも数が少ないというデメリットも抱えているようです。本当にそれは、不動産投資として正しい方法なのでしょうか。

ワンルームマンションやファミリーマンション、アパート1棟など様々な投資方法があります。その中で、一戸建ての住宅のことが「戸建賃貸」です。そして、戸建て賃貸には、新築の場合と、中古の場合があります。そのとき、中古を、戸建て賃貸として、投資をすることがあまりおすすめ出来ないと言います。それは何故なのでしょうか。

それは、シロアリ被害、基礎部分の痛み、配管の老朽化、リフォームしなければならないなど、いろいろなリスクを同時に抱え込んでしまうからです。そのようなリスクは、投資をしようと思った当初、なかなか気付きにくいことばかりです。投資しようと思って、後々、修繕するために莫大なお金がかかってしまうことになります。このようなリスクを出来るだけ回避するためにはやっぱり最初から新築というのが正しい方法です。

あえて欠陥の大きな戸建を狙い、リフォームを施して、高利回りを狙うという手法もありますが、決して初心者向きではありません。初心者のみなさんなら少しでもリスクを回避したいという思いよりスタートするべきです。次の章では、戸建て賃貸投資のメリットについて考えてみましょう。