不動産投資をする

戸建て賃貸投資をしようと思っている人たちもいます。一戸建ての住宅を投資用不動産として投資するという方法です。しかし、戸建賃貸は投資物件のなかでも数が少ないというデメリットも抱えているようです。本当にそれは、不動産投資として正しい方法なのでしょうか。

ワンルームマンションやファミリーマンション、アパート1棟など様々な投資方法があります。その中で、一戸建ての住宅のことが「戸建賃貸」です。そして、戸建て賃貸には、新築の場合と、中古の場合があります。そのとき、中古を、戸建て賃貸として、投資をすることがあまりおすすめ出来ないと言います。それは何故なのでしょうか。

それは、シロアリ被害、基礎部分の痛み、配管の老朽化、リフォームしなければならないなど、いろいろなリスクを同時に抱え込んでしまうからです。そのようなリスクは、投資をしようと思った当初、なかなか気付きにくいことばかりです。投資しようと思って、後々、修繕するために莫大なお金がかかってしまうことになります。このようなリスクを出来るだけ回避するためにはやっぱり最初から新築というのが正しい方法です。

あえて欠陥の大きな戸建を狙い、リフォームを施して、高利回りを狙うという手法もありますが、決して初心者向きではありません。初心者のみなさんなら少しでもリスクを回避したいという思いよりスタートするべきです。次の章では、戸建て賃貸投資のメリットについて考えてみましょう。