デメリットもある

戸建て賃貸投資の場合では、 デメリットも存在しているかもしれません。投資する人たちはもちろん、デメリットもしっかり熟知して、検討をしなければなりません。

戸建て賃貸の場合、 入居者が退去すると戸建全体をフルリフォームする必要があります。だから、入居者が出て行ってしまうった場合、かなり高額必要を用意しなければなりません。エアコンや給湯器の交換もすれば、150万円程度のお金は、簡単に超えてしまうことになります。庭のメンテナンスも、数万円の費用がかかってしまうことになります。

そして、マンションよりもトラブルが起きやすいのが、戸建て賃貸の方なのです。庭木の越境やゴミ出しルールの問題など、いろいろな場所ですぐにトラブルがおき、いちいち問題を解決しなければなりません。

入居者がずっとその家に住んでくれれば良いのですが、やがて、現在の入居者も出て行ってしまうでしょう。そして、すぐに新しい入居者が見付かれば、投資は上手く行くのですが、実際にはここの部分がなかなか繋がらないケースも多いようです。引っ越しシーズンのピークという時期があり、そのような時期を逃すと、半年以上、借り手が見付からないというケースも決して珍しくはありません。